2007年を展望して

2018年5月8日

地域から、参加型政治をすすめます

今年も、今日という日一日になりました。
いよいよ2007年に向かってカウントダウンですね。今年もいろいろなことがありましたが、残念ですが、悲しい気持ちになることが多かった年だったのではないでしょうか。

子どもの自殺が社会問題となり、「命」ということばが多くの場で多くの人から語られましたが、人間社会にとって一番大事なものは何だったのかを、本来なら、未来を生きるはずの小さきひとから突きつけられたのではなかったでしょうか。
ひとは一人では生きていけないし、多くの人に支えられています。そのことを年の終わりに、こころにきざみ、厳しい時代だからこそ2007年は、若い人も年を重ねた人も、女性も男性も、世代を超えて希望の未来を語り合う、そんな和と輪をつくり、そしてネットワークを広げていきたいと思います。

来年は、どんな年になるでしょうか。
あたたかな学校、やさしい社会は実現するでしょうか。
でも、未来社会をつくるのは、今を生きる私たち。そのことを信じて、一歩ずつ一人でも多くの人とつながってすすみたいと思います。

それでは、お元気で新年をお迎えください。<いちかわ・かずこ>

PS:ホームページにアクセスしていただいた皆さま、来年は折々にページを更新し、私のこれまでの活動暦や、めざしたいことをお伝えできたらと思います。これからも時々お立ち寄りください。