ローテーションのバトンをしっかり受けて、駆け抜けます!

2018年5月8日

いよいよ告示!

いよいよ告示!
明日、15日はいよいよ統一地方選挙後半戦・品川区議選の告示です。今回、私は現職議員三村りつ子のローテーションのバトンを受ける選挙への挑戦です。

生活者ネットワークは、長く権力の座にいれば、どんなに有用な人であっても、立派な人格者であっても、どうしても地域で暮らす生活者の感覚、市民の感覚は薄れていく(これは先に東京都知事選挙に勇気ある挑戦をされた浅野史郎さんが、3期で宮城県知事を勇退する、そのときに発した「長期政権では権力は腐敗する」に共通する自己認識です)—こうした考えから、生活者ネットワークは、最長でも3期12年でローテーションする議員の任期制を採用してきました。品川ネット設立から13年目の今春までに、すでに3人の議員を生みだし、「議会を変える」を設立以来の一貫するテーマにすえてのあたらな政治スタイルならではのチャレンジです。緊張もしますが、大勢の仲間やボランティアに支えられての選挙なのであり、普通の市民がどんどん政策決定の場に出て行く、その役割を果たしたい決意も満ち満ちてきます。

今日の24時で、市川和子のホームページはいったん凍結することになります(更新は公選法に制約されることになりますから、これまで、私のホームページにお立ち寄りいただいている方にはしばしのお別れということになるわけです)。子育て・介護などさまな課題を抱える私たち市民に必要なのは、生活実感に基づいた政策づくりであり、それらを決定の場に届け、市民利益を第一義に議論し結論を出していく地域民主主義の実践です。明日からの一週間、声が嗄れるまでネットの市民政治への結集を訴え、参画と自治の市民政治、地域民主主義の発展を訴えかけるつもりです。

来週一週間は、品川区の市民にとってきわめて重要な1週間となることもまた明白です。まず、政治をあきらめない1票の行使を!騒がしくなると思いますが、未来を見据え、今、必要とされている議席は、どれなのか、希望の未来をともに拓く自治体政治の担い手はだれなのかを、判断してほしいと願っています。

<期間中の市川和子の主な日程>
*日々の遊説ポイントについてはお問い合わせください。
 市川事務所 電話03-5498-9899
●15日 11時〜西中延2丁目自宅前で第一声
    12時〜中延1丁目事務所前で発声
●21日 15時〜大井町駅頭(マクドナルド前)フィナーレ