2009年度 品川区当初予算案

2018年5月8日

予算の審議が始まります。傍聴においでください!


新年度の当初予算(案)は、毎年10月の決算特別委員会終了後に各会派から予算要望が提出され、予算編成に入ります。12月には骨格が決まり予算案として、人数の多い会派順に企画財政課が概要の説明に回ります。
生活者ネットワークは2月1日に説明を受け、3日にプレス発表となりました。
「予算案の概要」冒頭には新期予算の特徴として以下のように書かれています。

厳しい経済状況から財政環境は極めて厳しいものがあるが、区内中小企業に対する支援策をはじめとして、急速に進む少子高齢化への対応や、区民の安全と安心を守るための取組など、長期基本計画における重点課題を中心として予算を編成されています。
この結果、一般会計は、1,390億89百万円で対前年1.1%増のプラス予算となっています。

予算編成のポイントとしては・・・
◆緊急総合経済対策
◆区民と区の協働で「私たちのまち品川区」をつくる事業
◆働く保護者の支援事業、「親育ち」支援事業、小中一貫教育の推進
◆「出来る限り在宅で」を実現するための高齢者対策、障害者・児の外出をサポートする事業
◆環境に配慮したまちづくりのための事業
◆公共施設・木造建築耐震化の推進
等です。

市民と行政が互いに対等関係のパートナーとして、あるべき地域社会を実現していくために、市民とともに計画を検証し、行政情報の完全な公開を前提にその基本方針について展望する、そうした取り組みが具体化されていかなければならないと思います。

2009年品川区議会第1回定例会〜予算特別委員会の会期は
2月25日〜27日…一般・代表質問(ネットは行いません)
3月2日〜5日…常任・特別委員会
3月9日〜26日…予算特別委員会
予算委員会では、市民の政策、ネットの要望がどれだけ反映されているのか議論していくことになります。
25日には区長の施政方針が説明されます。
是非、議会傍聴にお出かけください。 <いちかわ・かずこ>

2008年11月10日、濱野品川区長と面会し、222項目からなる
市民からの声を集めた2009年度予算への提案書を提出しました。
今年も09年度予算提案書を作成するにあたり、生活者ネットワークでは地域住民の皆さまや品川区で活動する市民団体の方々と意見交換を重ねてきました。