緑のカーテン実施中!

2018年5月8日

5月7日に植えたゴーヤの苗
5月7日に植えたゴーヤの苗
ゴールデンウイーク明けに品川・生活者ネットワーク事務所の西側にゴーヤの苗を植えました。ミニ緑のカーテンの実施は今年で3年目。プランターを置かせていただいている大家さんのからも「今年もやるんですか?近所の方も楽しみにしていまっすよ」と声をかけられました。夏には2階までツルが伸び、西日がさす小窓をおおってくれるはず。

「緑のカーテン」は葉が出す水蒸気のお陰で熱をさえぎる効果はすだれの2倍と言われ、さらに二酸化炭素を吸収するという効果もあります。まだ間に合います。是非、取り組んでみてください。

1.プランターの底部に小さな石(鉢底石)を敷いて土(培養
  土)を入れます。
2.苗を購入して植えます。
  例えば、30Lのプランターであれば、苗は2〜3本が目安です。
3.ツルが伸びる前に、ネットを張ります。
  ツルをネットにからませる時は、バランスよく広げるように
  巻きつけます。うまくツルが巻きつかない時は、ひもで結び
  ます。
4.水やりプランターは水分の蒸発・流出が早く、伸び盛り
  になるとよく乾くので、水は毎日やります。真夏は、朝と夕
  方に。
5.肥料は1ヶ月に1回程度与えます。生長の状況をみながら
  与えてください。肥料としては、油かす、お米のとぎ汁など
  があります。
  開花後15〜20日たち、果実の形が出来たら収穫します。

市民の一人一人の行動が世界の温暖化対策を動かし、未来を変えることに繋がります。楽しみなゴーヤの成長です。<いちかわ・かずこ>